あの山いまだ登らず

シラベル作曲「あの山いまだ登らず」の紹介ページです。

MML

演奏音源

マビノギMMLの演奏音源です。

独奏

2018年12月19日版。

あの山いまだ登らず_MabiMML.m4a[AAC]

説明

マンドリン1本、つまり同時発音3音以内で、メロディ・ベース・コード弾きが同時に聞こえてくるようにつくっています。

とくにこのMMLは、「マンドリンが置かれた折りたたみ椅子」というアイテムでBGMのように弾きっぱなしにするのに向くものを、と考えてつくりました。これを使うと、必ず演奏が成功し、自動で反復します。べつに、ふつうのマンドリンで弾いても、デメリットはないので御安心ください(調律がない点だけ注意)。

MML置き場

マビノギ用MMLをtxtファイルで公開しています。下の枠内にその内容を表示しています。リスト内のリンクからもtxtファイルにアクセスできます。

独奏

演奏時間
約1分
吟遊詩人掲示板
未投稿
備考・注記
調律なし
楽譜

宅録・DTM

アコースティックギターと10穴ハーモニカを用いた演奏です。自室で気楽に録音しました。ICレコーダー使用。まだまだハーモニカは吹き慣れていません。ベースとタンバリンの音は、サウンドフォントでまかないました。ミックスは、簡素にバランスを整えた程度。2021年10月5日制作。

あの山いまだ登らず_2021-10-05.m4a[AAC]

曲のあらまし

こんなうららかなメロディを口ずさみながら、山道を登る旅人は幸せです。下準備に明け暮れるばかりで、ベースキャンプから出る勇気を持てないままでいるよりは。題名に表れているのは、吉田拓郎の歌の歌詞でいえば「目の前のマッターホルンがまだなのです」というのと同種の感慨でしょうか。

2018年のマビノギのクリスマス演奏会に向けて、つなぎ用のMMLを量産していたころの小品です。その会では弾かずじまいでした。2018年12月作曲。

作品データ

曲名表記
あの山いまだ登らず
曲名かな書き
あの やま いまだ のぼらず
作曲
シラベル
発表日
2019年3月23日