麦酒がくし

シラベル作詞・作曲「麦酒がくし」の紹介ページです。

MML

演奏音源

マビノギMMLの演奏音源です。

2人合奏

2019年12月27日版。

麦酒がくし_MabiMML.m4a[AAC]

説明

メロディ担当と伴奏担当とによる、古典的な2人合奏形式です。低い響きのシャリュモーがムーディーにメロディを唄いあげます。

書いた当初は1コーラスだけ。2コーラスに拡張する際の苦労は字数制限との闘いにほぼ尽きました。装飾音を減らしたりいろいろやりくりして、うまくおさまりました。1コーラス目と2コーラス目とでそれほど違いはありませんけれど、ちょっとばかり、オブリガードを入れたり唄いまわしをいじったりしています。

MML置き場

マビノギ用MMLをtxtファイルで公開しています。楽器名の書かれたボタンを押すと、下に枠が出て、ファイルの内容がそのなかに表示されます。リスト内のリンクからもtxtファイルにアクセスできます。

2人合奏

演奏時間
約2分15秒
吟遊詩人掲示板
投稿済
備考・注記
要チューナー
楽譜

歌詞

麦酒[ビール]を隠すなんて  あきれてしまうわ  だれに盗られるはずもないし  ねこがくすねるわけもないでしょう  いつだって飲み明かして午前様  寝間着姿で居酒屋へ  あゝ酒税が憎らしい  ついでに旦那も憎らしい  麦酒の隠し場所が  ほかにもあるのね  賞味期限の切れるほどに  過去のおイタは忘れたんでしょう  いまだって部屋のテレビつけたまま  胸に手を乗せ高いびき  あゝ空き缶かたづけて  ついでに旦那もかたづけて

曲のあらまし

2018年のマビノギのクリスマス演奏会に際して、ある出演者のかたの出番時の間奏曲用に書き下ろしたものです。そのときは、あくまで間奏曲なので1コーラスだけのものでした。1年後、2コーラスに伸ばしました。シャレでつくったような曲でしたけれど、このくらいのボリュームになると、いっぱしの曲というような感じにもなります。

曲調は演歌(のパロディ)で、歌詞も、まじめに唄ったところで情念の込め具合に困るような、AMラジオの昼帯番組のリスナー投稿的なしろものです。興が乗って、(メロディを確定させる為にも)てきとうにつけただけの歌詞です。2番の歌詞をつけ足すことにしたとき、言葉が出てくるかなあと不安だったんですけれど、やってみればどうにかなるものです。

歌詞内容としては「麦酒隠し」で、演奏会で弾くと「麦酒楽師」という意味合いも帯びるタイトルです。2018年12月作曲、2019年12月に2番まで作詞。

作品データ

曲名表記
麦酒がくし
曲名かな書き
びーる がくし
作詞
シラベル
作曲
シラベル
発表日
2018年12月22日