ロックンロールひもといて

シラベル作詞・作曲「ロックンロールひもといて」の紹介ページです。

MML

演奏音源

マビノギMMLの演奏音源です。

3人合奏

冒頭の調律部分を含みます。2020年11月6日版。

ロックンロールひもといて_MabiMML.m4a[AAC]

2人合奏

最初のバージョン。冒頭の調律部分を含みます。2020年11月5日版。

ロックンロールひもといて_MabiMML-2人版.m4a[AAC]

説明

もともとは2人合奏。1日で作ったものであり、あまりこねくりまわしていません。のちに、間奏と2番を足す為に3人合奏に仕立て直しました。リラをコード弾きとベースとで分離し、擬似和音で詰め込んでいたコード弾きを素直なデータに書き直し、字数があまったぶんを間奏のフレーズに使いました。ほかは2人合奏とだいたい同じです。

MML置き場

マビノギ用MMLをtxtファイルで公開しています。楽器名の書かれたボタンを押すと、下に枠が出て、ファイルの内容がそのなかに表示されます。リスト内のリンクからもtxtファイルにアクセスできます。

3人合奏

演奏時間
約2分50秒
吟遊詩人掲示板
投稿済
並び順
フルートが中央
楽譜
  • フルート (文字数:1168・746・348)
  • リラA (文字数:842・780・491)
  • リラB (文字数:1196・799・500)

2人合奏

演奏時間
約1分45秒
吟遊詩人掲示板
投稿済
楽譜
  • フルート (文字数:1200・0・0)
  • リラ (文字数:1197・800・499)

歌詞

ハイファイな録音を  しなくってもいいんだ  わうわうわう ロックンロールひもといて  腰ふる夜のステージ 畳の部屋  堂々と同じメロ  借りたって舌を出す  わうわうわう ロックンロールひもといて  50年代このかた 宝の山  むなしさ埋めるよう  ひずむギターを響かせ  声をはりあげる  あすのスターを夢見て  シロクロをつけたがる  21世紀なんだ  もうもうもう ロックンロール鳴りやんだ  だからちいさなちからで掘りかえそう  生活 苦しいほど  沁みるセブンスのしらべ  混ぜごはん どんぶり  隔てなくおすそわけ  シロクロをつけたがる  21世紀なんだ  もうもうもう ロックンロール鳴りやんだ  だからちいさなちからで掘りかえそう  巨大な壁をとびこえ  わかちあえる歌がまだあるはずだ

曲のあらまし

2018年12月作曲。マビノギのクリスマス演奏会で弾くBGMを量産していた時期に書いた曲のひとつ。

「紐解く」という言葉は、「ロックンロール」のイメージとミスマッチな、のんびりした語感です。テンポも遅めで、おっとりした曲調。

2020年11月に歌詞が書けました。Bメロの部分を2通り入れないと歌詞がまとまらなかったので、曲の構成を「A・A・B・A'」から「A・A・B・A・間奏(A)・B・A'」に拡張しました。これでいっぱしの歌になったなという感じです。社会の分断、趣味のたこつぼ化が進んで、「壁をとびこえわかちあえる歌がまだあるはず」という無邪気な希望をもはや持ち得ない時代ですけれど、せめて歌詞には夢をすこしぐらいは。

作品データ

曲名表記
ロックンロールひもといて
曲名かな書き
ろっくんろーる ひもといて
作詞
シラベル
作曲
シラベル
発表日
2018年12月22日