あめふり

童謡「あめふり」のマビノギMML編曲の紹介ページです。

MML

演奏音源

マビノギMMLの演奏音源です。

3人合奏

冒頭の調律部分を含みます。2018年6月20日版。

あめふり_MabiMML.m4a[AAC]

サウンドクラウド投稿版

使ったMMLは上掲のものと同じです。こちらは、各パートを別々に録音してミックスしました。

当サイト内にも、サウンドクラウド全曲入りプレイリストを置いています。

説明

2015年6月にMMLアレンジ。お祭りリュートで伴奏することも想定した試作品もつくっていましたけれど、待てど暮らせど、日本では実装されずじまい(今後登場するとも思えません)。

MML置き場

マビノギ用MMLをtxtファイルで公開しています。楽器名の書かれたボタンを押すと、下に枠が出て、ファイルの内容がそのなかに表示されます。リスト内のリンクからもtxtファイルにアクセスできます。

3人合奏

演奏時間
約1分55秒
吟遊詩人掲示板
未投稿
並び順
フルートが中央
楽譜

曲のあらまし

大正時代に生まれた童謡。いまもほとんどのひとが知っているでしょう。現在パブリックドメイン。作曲は、中山晋平(1887-1952)。作詞は、北原白秋(1885-1942)。

お茶目にスウィングしまくるアレンジ。メロディが持つ活力に素直に乗っかったら書けた、というものだったと思います。エンディングのフレーズは基本に忠実ですし、間奏のアドリブパートでわざとハネないのもよくあるパターンです。

作品データ

曲名表記
あめふり
曲名かな書き
あめふり
作詞
北原白秋
作曲
中山晋平
編曲の発表日
2015年6月20日