暗渠で生まれてそして死ぬ

シラベル作曲「暗渠で生まれてそして死ぬ」の紹介ページです。

MML

演奏音源

マビノギMMLの演奏音源です。

2人合奏

冒頭の調律部分を含みます。2017年7月24日版。

暗渠で生まれてそして死ぬ_MabiMML.m4a[AAC]

サウンドクラウド投稿版

MusicQ改変前、2016年1月8日時点のものです。

当サイト内にも、サウンドクラウド全曲入りプレイリストを置いています。

説明

リラはわりと正統なのですけれど、ロンカドーラがなかなか気持ち悪い音を提供しています。終わりごろのしゅこしゅこしゅこ……という音は、ネズミのうごめきのようでもあります。

MML置き場

マビノギ用MMLをtxtファイルで公開しています。楽器名の書かれたボタンを押すと、下に枠が出て、ファイルの内容がそのなかに表示されます。リスト内のリンクからもtxtファイルにアクセスできます。

2人合奏

演奏時間
約2分55秒
吟遊詩人掲示板
投稿済
楽譜

宅録・DTM

2017年8月25日に公開した、没テイクと称した試作品です。ツイッターでは「メイキング資料またはデモ音源ということにして、とりあえず公開。そのうち作り直す予定です」と書きました。……まだ作り直していません。

メロディを鳴らしているのは、エレキギターではなくて、クラシックギターの録音にエフェクトをかけたものです。まだエレキを持っていないのでした。

暗渠で生まれてそして死ぬ_没テイク.mp3[MP3]

曲のあらまし

2015年3月作曲。夢で見た不気味な光景から、曲の着想を得ました。どんな光景かというと、光の届かない、幽閉された、スラムめいた地下街のようなところで、なにか生物が生まれて、地べたでうごめいて、でもどうしようもなくてそのまま死ぬだけ、というようなものでした。夢を文章化するのはむずかしい。その「どうしようもなくて」という、無時間的な絶望のイメージは、コテコテの短調ではなく、この曲のような感じが近いように思います。瞬間的な絶望なら短調なのでしょうね。

もし英語の副題をつけるなら「Distressful District」(悲惨な地域)にするかも、ということも考えていたようです。辞書をパラパラめくって思いついたようす。

作品データ

曲名表記
暗渠で生まれてそして死ぬ
曲名かな書き
あんきょで うまれて そして しぬ
作曲
シラベル
発表日
2015年3月20日