クラスター

シラベル作詞・作曲「クラスター」の紹介ページです。

MML

演奏音源

マビノギMMLの演奏音源です。

8人合奏

冒頭の調律部分を含みます。2017年8月18日版。

クラスター_MabiMML.m4a[AAC]

サウンドクラウド投稿版

演奏内容は同じです。

当サイト内にも、サウンドクラウド全曲入りプレイリストを置いています。

説明

この曲を書いたことで、マビノギMMLにおける自分なりのギターバンドっぽいサウンドづくりの方法が、ある程度定まってきたという手応えがありました。短めなので、字数制限の範囲で充分に音を詰めこむことができました。

MML置き場

マビノギ用MMLをtxtファイルで公開しています。楽器名の書かれたボタンを押すと、下に枠が出て、ファイルの内容がそのなかに表示されます。リスト内のリンクからもtxtファイルにアクセスできます。

8人合奏

演奏時間
約2分50秒
吟遊詩人掲示板
投稿済
並び順
前列左から、エレキギター・シャリュモー・女声・シンバル・マンドリン。後列左から、小太鼓・ウクレレ・リュート。
楽譜

歌詞

いつもそうだと 別のムードにしたくなる  ぬるい空気と古いルールで 繰り返すお約束  キャラ付けを是とする いじられのテンプレ  冗談を越えて 身動きを嵌める  どんより淀んで 垢が浮いてる  馴れあいのなれの果てに  気づかず足を踏み入れた  飽きてくるでしょう 同じ献立同じ顔  先細ること 凪ぎの平和と勘違いしないでよ  多様性を失くした くたくたのクラスター  影だけ遺し 静かに廃れた  論より証拠で 目にしている  波風の立たぬ路地で  他愛ない群れのたわむれだだ漏れだ  うんざりしていた 笑いながら  肌を[]く摩擦に耐え  どうしてここにいる  どんより淀んで 垢が浮いてる  馴れあいのなれの果てに  蚊帳の外から手を振ろう おつかれ 仲良くね

曲のあらまし

群れ、いわゆる「○○勢」を意味するタイトルです。2017年7月に作曲。

短めの、ちょっとルーズで軽快な曲調ですけれど、乗っけた歌詞は辛辣です。憎たらしい「やな感じ」をあえて前に出しました。身内で群れるのが嫌い、判で押したような振舞いが嫌い、そういう性格ですから、ぬるま湯的閉塞感を感じてしまうと、なにか波紋を及ぼしたくなるのです。

「くたくたのクラスター」や「他愛ない群れのたわむれだだ漏れだ」などのフレーズというのは、音節のならびのおもしろさを狙うことでひらめくものです。こういうおまじないみたいなフレーズをちりばめることで、単なる毒の垂れ流しにならずに済んでいます。などというふうに書くと、計算ずくですべてやっているように捉えられるかもしれませんけれど、言葉遊びや韻踏みやメロとの兼ね合いの制約のなかで言葉を選んでいくうちに、方向性がだんだん固まってくる、というのが実際のところです。

Aメロとサビは調が違いますけれど、コード進行はどちらも〈Ⅰm→Ⅵ♭→Ⅶ♭→Ⅲ♭〉というごくありふれたパターンを基本に組み立てています。そこにメロを乗せていきました。「どんより」の箇所などはメロと歌詞がはじめからセットでした。

作品データ

曲名表記
クラスター
曲名かな書き
くらすたー
作詞
シラベル
作曲
シラベル
発表日
2017年7月29日