ひとひら

シラベル作詞・作曲「ひとひら」の紹介ページです。

MML

演奏音源

マビノギMMLの演奏音源です。

4人合奏

冒頭の調律部分を含みます。2018年12月26日版。

ひとひら_MabiMML.m4a[AAC]

サウンドクラウド投稿版

演奏内容は同じです。

当サイト内にも、サウンドクラウド全曲入りプレイリストを置いています。

MML置き場

マビノギ用MMLをtxtファイルで公開しています。楽器名の書かれたボタンを押すと、下に枠が出て、ファイルの内容がそのなかに表示されます。リスト内のリンクからもtxtファイルにアクセスできます。

4人合奏

演奏時間
約3分30秒
並び順
左から、マンドリンA・マンドリンB・フルート(中央)・リラ。
楽譜

歌詞

夕べに待ちかねのコール  すでに幕開けのリズム  響く広場の入口で  不意に思い出していた  古い馴染みの顔を探す  まだいる もういない  特別親しくしていたわけではないし  でもどうしてか気にしてしまう  はかなさが立ち止まる  ぽつりため息も凍る  すでに宵闇に沈む街に  居場所は探せない  だめだなあ 昔を恋しく思うばかりで  いまのひとたちとの隔たり  測るほど遠ざかる  積もり重なることなく  すべり落ちて溶けてゆくだけの  ひとひら もういない

曲のあらまし

ハチロク(8分の6拍子、または8分の12拍子)で循環コードが出てくる、昔ながらのバラード。2018年12月に作詞作曲。2014年とか2015年とかのころにくらべると、シンプルな「うた」を志向したMML作品が多くなってきました。というよりは昔に戻ってきた、という感じかも。

情景としては、冬の夕暮れどき、規模の小さな屋外でのコンサートを、遠巻きに眺めて感傷にふける、というような歌詞です。マビノギでの演奏活動を何年も続けていると、最近あのひと演奏会に来なくなったな、とか、そういうことを頻繁に思うようになりました。それはおそらく「古参」プレイヤーならきっと経験する感情であり、あーあ、わたしも古参になったか、なんて苦笑もします。ネット空間での交流についてまわる「すべり落ちて溶けてゆくだけ」という虚無感と、うまく折り合いをつけつつ、やっていくしかありません。

作品データ

曲名表記
ひとひら
曲名かな書き
ひとひら
作詞
シラベル
作曲
シラベル
発表日
2018年12月22日