一匹オオカミ、一匹だけオオカミ

シラベル作曲「一匹オオカミ、一匹だけオオカミ」の紹介ページです。

MML

演奏音源

マビノギMMLの演奏音源です。

6人合奏

冒頭の調律部分を含みます。2種類のバージョンを載せています。1つ目がチューニングバイオリンを用いたバージョン。2つ目がふつうのバイオリンを用いたバージョン。バイオリンのパート以外の違いはありません。2017年6月16日版。なお、掲載のMMLは2020年5月27日版ですけれど、演奏内容はおなじです(別項に説明)。

一匹オオカミ、一匹だけオオカミ_MabiMML.m4a[AAC]
一匹オオカミ、一匹だけオオカミ_MabiMML-バイオリン使用版.m4a[AAC]

サウンドクラウド投稿版

MusicQ改変前、2015年10月16日時点のものです。

当サイト内にも、サウンドクラウド全曲入りプレイリストを置いています。

説明

MusicQ対応とともに、チューニングバイオリンでもふつうのバイオリンでも弾けるようにしました。どちらのほうがよいか決めかねたので。

リュートで鳴らしているベース、「f+8f+f+f+8f+f+」の部分、本来F(ファ)が収まりのよいはずのところを、F#(ファ♯)にしているのは意図的です。o1Fで鳴らすと埋もれて、響きが落ち着いてしまうので、そうしました。

サウンドクラウド投稿版でいうと、2:08 附近、ベース音が「たーん、たたたーん」と鳴っています。ここは本来「L8v10o2b2.&bbb1」と書いていて、「たーん、たたーん」になるはずでした。MML作成ソフトの機能で最適化した際、タイのあとにL命令がはいり、「b2.&l8bbb1」となっていたので、タイがちぎれて、「たたたーん」になっていました。「b2.l8&bbb1」に直せば意図通りでしたけれど、MusicQ改変後の録音もすでにしていたし、むしろ「たたたーん」でもよさそうだと思い、単にタイを削除するという修正にしました。また、r2r2をr1に直した譜面もあり、吟遊詩人掲示板に載せているのはそういった修正をする前のものですけれど、演奏時の出音に違いはありません。

MML置き場

マビノギ用MMLをtxtファイルで公開しています。楽器名の書かれたボタンを押すと、下に枠が出て、ファイルの内容がそのなかに表示されます。リスト内のリンクからもtxtファイルにアクセスできます。

6人合奏

演奏時間
約4分
吟遊詩人掲示板
投稿済(前述の、軽微な修正をする前のもの)
並び順
左から、(チューニング)バイオリン・チェロ・フルート・リュート・ウクレレ・シ音の空き瓶。
備考・注記
「チューニングバイオリン」と「バイオリン」は、どちらか片方だけ使ってください。差し替えできるように両方を載せています。
楽譜

MIDI

MIDIファイルを公開しています。

2015年9月21日のファイルで、曲の骨格をつくった時点のもの。ですので、鑑賞向けではなくメイキング資料です。これをもとにして、MMLに取りかかったわけです。

曲のあらまし

「一匹オオカミ」と「一匹だけオオカミ」とでは、趣きがだいぶ異なります。孤高の一匹オオカミなら、かっこいいかもしれませんけれど、わたしの場合は一匹だけ群れからはぐれた場違いなオオカミかもしれません。

途中でブルーグラスふうになったり、なかなかスリリングな構成の曲です。2015年9月作曲。

作品データ

曲名表記
一匹オオカミ、一匹だけオオカミ
曲名かな書き
いっぴき おおかみ いっぴきだけ おおかみ
作曲
シラベル
発表日
2015年9月26日