倦怠期

シラベル作詞・作曲「倦怠期」の紹介ページです。

MML

演奏音源

マビノギMMLの演奏音源です。

7人合奏

冒頭の調律部分を含みます。2018年2月17日版。

倦怠期_MabiMML.m4a[AAC]

独奏

「倦怠期」を合奏する際の準備中に、ラグリンネに演奏させて間をもたせる用として、2018年7月につくったリラ用ソロ譜面です。Aメロのコード弾きを主体にした繰り返しです。2020年7月30日版。

倦怠期_MabiMML-ソロ版.m4a[AAC]

サウンドクラウド投稿版

「7人合奏」と同じ演奏内容です。

当サイト内にも、サウンドクラウド全曲入りプレイリストを置いています。

説明

チューニングフルートのおもしろさに気づいた曲です。ボーカルとユニゾンさせるというのは、以降の作品でも何度か採用していますし、間奏では前面で活躍。長い音符でパーッと鳴らすと、音色の持つ癖によって妙な強弱がついてしまうので、高速アルペジオで、ふわっと鳴らしています。

MML置き場

マビノギ用MMLをtxtファイルで公開しています。楽器名の書かれたボタンを押すと、下に枠が出て、ファイルの内容がそのなかに表示されます。リスト内のリンクからもtxtファイルにアクセスできます。

7人合奏

演奏時間
約3分40秒
吟遊詩人掲示板
投稿済
並び順
前列左端にファ音の空き瓶。前列中央に女声。前列右端にマンドリン。後列左から、チューニングフルート・リュート・小太鼓・シンバル。
楽譜

独奏

演奏時間
約2分20秒
吟遊詩人掲示板
未投稿
備考・注記
最初の数音は調律を兼ねています。
楽譜

歌詞

薄暮れの遠吠えは飛行機  焦げた潮騒 尾を引いて時を告げる  決まり通りのあとさき  繰り返す毎日にゆるむばかりの[たが]を  締めなおすちからもない 理由もない 足りない  いやけさす色彩 眼をふさいで  ありし日を夢見る  すきま風 足首を冷やす  暖もとらずに仰向けで眺めている  季節のない太陽  なまけもののように日々をこぼし  見失った  情熱も理想も愛も智慧も  なまけもののように日々をこぼし  見失った すり減った       すり減った

宅録・DTM

「倦怠期_2021-04-11」は、アコースティックギターのソロ演奏の一発録りです。近距離にコンデンサーマイク、1メートルくらい離れた位置にICレコーダーをそれぞれ配置して録音し、音量の補正とローカットフィルターなどをかけてそれらをミックスしました。演奏のほうは……サビがちょっと頼りない感じというか、余裕がない感じというか……。2021年4月12日に掲載。

倦怠期_2021-04-11.m4a[AAC]

曲のあらまし

変化のない環境での生活を長期間つづけていると、確実になにかが鈍く、うつろになっていきます。なまけたくてなまけているわけではないけれど、負の螺旋から抜け出せない、そうした鬱屈や欠落感が、この曲のテーマになっています。

2016年10月にギターと鼻歌で吹き込んでいて、おおよその形ができていました。MMLを書いたのは2017年11月。

作品データ

曲名
倦怠期
曲名かな書き
けんたいき
作詞
シラベル
作曲
シラベル
発表日
2017年11月25日