キミに便乗

シラベル作曲「キミに便乗」の紹介ページです。

MML

演奏音源

マビノギMMLの演奏音源です。

2人合奏

2020年3月6日版。

キミに便乗_MabiMML.m4a[AAC]

サウンドクラウド投稿版

使ったMMLは上掲のものと同じです。こちらは、各パートを別々に録音してミックスしました。

当サイト内にも、サウンドクラウド全曲入りプレイリストを置いています。

説明

マビノギで演奏活動を本格的にはじめるすこし前の曲。この曲を弾くときは、音楽知識ランク1のキャラで譜面を書き、楽器演奏ランク2のキャラで演奏することで、神がかったモーションが出るように仕込んだものでした。

大人数合奏がカジュアルなものになってくると、こういうソロ曲をあえて弾くということも少なくなってきます。ソロ用譜面にはソロ用譜面の価値があるのですけれど、もうちょっと音を加えてみようという考えも出てきて、ごくかんたんにリュートを用いてバスドラムの4つ打ちを付け足しただけのものを2018年に弾きました。2020年3月に、ふと思い立ってドラムでおなじようなことをしようと、ドラムパートをつくってみたら、ぐっと華やかになったので、本腰を入れてしっかり仕上げました。マンドリンは、冒頭に休符を入れた以外はもともとのソロ版のまま。

そういうわけで3種類の演奏形態があります。マンドリンソロ、またはマンドリンとリュートの合奏、おすすめはマンドリンとドラムの合奏。なお、すべて用いての3人合奏は想定していません。バスドラムがぶかぶかするだけでいい音にはなりません。

ドラムのバスドラムは、v15の音とv10・v11の音とを重ねて大きめの音にしています。短い曲で文字数にゆとりがありそうだったので、ハイハット類は16分刻みでせわしなく動かしました。

マンドリン、ドラムの調律は、イントロのフレーズのなかでおこなっています。

MML置き場

マビノギ用MMLをtxtファイルで公開しています。楽器名の書かれたボタンを押すと、下に枠が出て、ファイルの内容がそのなかに表示されます。リスト内のリンクからもtxtファイルにアクセスできます。

2人合奏・独奏

演奏時間
約1分15秒
吟遊詩人掲示板
マンドリンのみ、独奏として投稿済(冒頭4分休符なし)
備考・注記
イントロで調律兼用。マンドリンでの独奏か、ドラムまたはリュートのどちらかを加えての2人合奏。リュートは要チューナー。
楽譜
  • マンドリン (文字数:1200・800・499)
  • ドラム (文字数:1194・799・499)
  • リュート (文字数:1186・706・0)※要チューナー ※ドラムの代替用

MIDI

MIDIファイルを公開しています。

マンドリンパートのMMLをコンバートしたものをもとに、手直ししたものです。

《コリモセーズ/シラベル》は、「キミに便乗.mid」を、クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンス(外部リンク)で提供しています。利用規約も御確認ください。

曲のあらまし

軽快、というよりは軽薄な、量産型ポップロックふうの曲。タイトルはそういう軽さを意識してつけたものです。2013年11月作曲。

MMLで曲を書きはじめたころは、なるべく、こねくりまわした展開とか、ぎくしゃくしたコード進行とかを取り入れようとしていたところがありましたし、自分がそれまで書いていたような曲ではないものをつくろうとしていたように思います。「地」を隠していたようなところもありました。へたにこねくりまわすとあまりいい結果にはなりませんけれど、この曲でところどころにあらわれる変拍子やらなんやらは、スリリングなおもしろさになったのではないかなと思います。人力での演奏はあまり考慮していないので、とくに、サビに戻る直前のへんなフレーズは、いかにも打ち込み音楽的ないたずらに過ぎないかもしれません。

いまのところ、歌詞をつける予定もアイデアもまったくありません。

作品データ

曲名
キミに便乗
曲名かな書き
きみに びんじょう
作曲
シラベル
発表日
2014年1月17日