Dear To Me

シラベル作曲「Dear To Me」の紹介ページです。

MML

演奏音源

マビノギMMLの演奏音源です。

9人合奏

冒頭の調律部分を含みます。2022年11月12日版。

DearToMe_MabiMML.m4a[AAC]

サウンドクラウド投稿版

MusicQ改変前、2016年2月7日時点のものです。8人合奏。小太鼓とシンバルを含み、ドラムとリラがないのが、9人合奏版と異なります。

当サイト内にも、サウンドクラウド全曲入りプレイリストを置いています。

説明

9人合奏版は、2020年6月にほぼできていましたけれど、歌詞が部分的になかなか決まらず、それで女声AのMMLも確定できなかったので、このページに載せるのがだいぶあとになりました。

その間に、「歌パート除外」で文字数上限を増やす機能も実装されましたけれど、従来の上限を守る形のまま、完成版としました。

2分35秒あたりからの間奏部分で、女声BとCがユニゾンで唄うところは、両者を32分音符ぶん交互にずらしています。

MML置き場

マビノギ用MMLをtxtファイルで公開しています。楽器名の書かれたボタンを押すと、下に枠が出て、ファイルの内容がそのなかに表示されます。リスト内のリンクからもtxtファイルにアクセスできます。

9人合奏

演奏時間
約3分50秒
並び順
後列左から、ホイッスル、ドラムA、ドラムB。中列左から、リラ、ウクレレ、エレキギター。前列左から、女声B・女声A・女声C。
楽譜

歌詞

コンクリート湿らせたエコー  私ひとり宛ての語尾のはねた言葉  目立たない小鳥のような子  はじめて聞く声がフォルテで投げられた  気がつけばループして  四六時中 宙に浮いて泡のなか  八重咲きの薔薇の花のフリルに秘めた  微熱をあなたは知らない  はにかむようなごまかすような  うらはらな身振りはまるで抽象画  指先を気にもかけずに  上空を舞う鳥を見る眼はまだ子供  じれったくて[とげ]で突いても  わずらわしげな声 地べたを蹴るかかと  ユニゾンを願うほど  濁るばかり 御しがたい周波数  泣きだした低気圧がズキズキさせる  パノラマ とばりの裂け目を  繕うように封じるように  鉛色の雲  助けて "To be continued"  八重咲きの薔薇の花のフリルに秘めた  微熱をあなただけに ほら  指を出して糸を掛けて  あやとりの迷路はまるで抽象画

曲のあらまし

2014年12月に作りかけた時点では、あざといというか俗っぽいというか、あまりいい印象がなくて、翌日にはこちらをほったらかして、別の曲(「オネリスタ ~これからの日々に幸多かれ~」)の作曲に着手したのでした。でも、やっぱりこういうのも好きなのでしょう、2015年7月にあらためて取り組み、仕上げました。

「dear」をモールス符号で表現すると、ツートトン、トン、トツー、トツートン、となります。これをリズムに置き換えたのが間奏部分です。スリリングでせわしないリズムです。

2021年2月に作詞。部分的に気になっていたところがあって、いい言葉に差し替えるのに1年以上かかり、2022年11月にこのページにようやく掲載。「まるで抽象画」のところが作曲当時からのアイデアで、それに執着したが為、前後のつじつまを合わせるのに苦労しました。タイトルの頭文字を取ると「DTM」(=デスクトップ・ミュージック)になるのは、どういう意図でそうしたのか、もう忘れてしまいましたけれど、歌詞にはそれを反映させて、「エコー」「声」「フォルテ」「ループ」「ユニゾン」「周波数」といった言葉をちりばめました。全篇その調子で押し通せたらよかったのですけれど、「抽象画」「パノラマ」などの視覚的な言葉も交錯して、どっちつかずになっている感が、なきにしもあらず。

作品データ

曲名表記
Dear To Me
曲名かな書き
でぃあ とぅー みー
作詞
シラベル
作曲
シラベル
発表日
2015年7月18日