言葉の雨、言葉の海

シラベル作詞・作曲「言葉の雨、言葉の海」の紹介ページです。

MML

演奏音源

マビノギMMLの演奏音源です。

6人合奏

冒頭の調律部分を含みます。2020年5月28日版。

言葉の雨、言葉の海_MabiMML.m4a[AAC]

サウンドクラウド投稿版

ドラムを加える前の5人合奏バージョンです。2017年5月25日版。

当サイト内にも、サウンドクラウド全曲入りプレイリストを置いています。

説明

チューニングホイッスルを使った合奏曲は、「充電を乞う光」「昼休み校舎探検団」につづいてこれが3作目だったと思います。実装後およそ3ヶ月の時期でした。

ふつうのホイッスルは、疑似リバーブの手法で、ふわっとした減衰音を鳴らしていて、これがうまくはまりました。また、間奏では、伸ばしている音の同音を小刻みに鳴らして重ねることで、ビブラート(というよりトレモロ)を模しています。これらは、ホイッスルのo5とおなじ音が、o4以下でも鳴らせるのを利用しています。だからo5の範囲にフレーズの音域をだいたい収める必要がありました。

2020年5月の演奏会用に、ドラムとシロフォンを入れた7人編成に仕立て直し、イントロに波の音などを模したものをつけました。1回きりの消えモノとしてつくったのですけれど、ドラムを間奏から足すのが、思っていたよりも好感触だったので、通常バージョンにドラムを改めて足すことにしました。もちろん、5人合奏で成立するように書いたものなので、ドラムはオプション扱いです。そういうわけで、5人合奏でも6人合奏でも可能です。

MML置き場

マビノギ用MMLをtxtファイルで公開しています。楽器名の書かれたボタンを押すと、下に枠が出て、ファイルの内容がそのなかに表示されます。リスト内のリンクからもtxtファイルにアクセスできます。

6人合奏

演奏時間
約5分
吟遊詩人掲示板
投稿済(ドラムパートを除く5人合奏)
並び順
前列左から、チューニングホイッスル・ピアノ・女声・リュート・ホイッスル。後列中央にドラム。
備考・注記
ドラムを省いて5人で弾いても問題ありません。
楽譜

歌詞

ふらふら浮かんでいる  言葉ならまだ構わなかった  軽さをいつわり  落ちてくる言葉の雨  降りやむことはない  どこに身を寄せようとも  胸をえぐり背中貫き  息もさせない  海辺の家を借りて  ふたり静かな日々を送った  あらゆる言葉が  混じり合う波の音は  鳴りやむことはない  でも安らかに響いてた  防潮堤を超えた日までは  ふたり静かに  もくもくまたどこかで  群がる雲が空を染める  恵みの雨はもう望まない  あのひとはもう  ここには帰らない  心も喉もかれた  ただひとつの言葉惜しんで  すべて失くした  ただひとつの言葉があれば  いまをふたりで  わけあえたのに

曲のあらまし

内省的なバラード。幸の薄そうな声の女性シンガーソングライターがピアノ弾き語りでとつとつと唄うと似合いそうな曲調です。

作曲にとりかかるときは、どういうテーマの歌にするのか見えていなくて、あれこれ考える過程で、あれとこれとがつながって歌詞世界がまとまってくる、というパターンは、この曲に限らずよくあります。発作的にひらめいてすぐ歌ができてしまうようなことは、そうそうありません。でも日頃から、そういった「あれ」「これ」を心のどこかにとどめて貯めておくと、作品の素になります。2017年4月に作詞作曲。

作品データ

曲名表記
言葉の雨、言葉の海
曲名かな書き
ことばの あめ ことばの うみ
作詞
シラベル
作曲
シラベル
発表日
2017年4月15日