不在の秋

シラベル作詞・作曲「不在の秋」の紹介ページです。

宅録・DTM

2021年・歌入り音源

動画

2021年12月22日公開。

「不在の秋」コリモセーズ/シラベル (2021-12-22) - YouTube(外部リンク)

説明

歌入り音源の6作目です。録音した時期は11月の前半ごろ。

5作目の「このままではどうにもならない」では、〈複数のテイクを切り貼りして一番いい部分をつなげていく〉ことをまったくせずに仕上げました。今回もほぼ同様のスタンスで、その上、メインとなる歌とギターを同時に録音しました。弾き語りスタイルです。メトロノームも使っていないので、のびのびとテンポがゆらいでいます。

口許にダイナミックマイクを、アコースティックギターの近くにICレコーダーを配置して、それぞれの音を録りました。この場合、ボーカルを録るマイクの側にもギターの音が、ギターの側にも歌声がはいることになります。ダイナミックマイクに比べて、ICレコーダーのマイクは、やや離れた位置からの音もけっこう拾うから、ぼやけた響きの歌声がギターに重なります。これがさほど邪魔になっていないのは、動画の音を聴いていただければわかると思います。むしろ、空間の拡がり、ステレオ感がささやかに加わる効果があります。

ダイナミックマイクの音をPCのソフトで録音したものと、ICレコーダーの録音とで、同期をとる(時間軸を合わせる)必要があります。演奏の前後に合図音を入れておくのですけれど、ふたつのトラックをならべると、前後の合図音がぴったり揃わず、尺が微妙に違います。音飛びしているというわけではありません。どちらかの再生周波数を1Hz程度上げ下げして(カセットテープを回す速さをわずかに変えるような効果)、なるべく両端が揃うように調整しています。これは今作に限らず、いつも気を遣うところなのですけれど、今作のように同時に2本録音する形だとなおさらケアしておかないと、不自然な音になりかねません。

今回、ひとり多重録音の3声コーラスをやってみました。ICレコーダーでステレオ録音。それぞれ左右にちょっと寄った位置で唄っています。

それらの仮ミックスを聴きながら、シンセサイザーやクラシックギターを録音しました。シンセサイザーは、わざわざラジカセにつなぎ、スピーカーから出した音を、50センチくらいの距離でICレコーダー録音。違う音色で2回弾いて重ねています。間奏と後奏にだけ入れました。

クラシックギターの録音は、けっこう久しぶりでした。間奏で弾いているのはもちろんですけれど、そのあと最後まで、ベース音をこっそりなぞってみました(間奏とは別テイクを使用)。ちょっと頼りないアコギの低音の補強です。

いろいろ書いたように、録音の時点で空間的効果を多少盛り込んでいますから、今作も、ミックスダウンの工程は音量補正・イコライザー程度にとどまり、リバーブなどの空間系エフェクトは使っていませんし、パンポットもいじっていません。

動画については、終盤に、演奏メンバーなどの表記(クレジット)を入れてみました。メンバーといっても全部わたしなんですけれどね。「シンセサイザー」と書くべきか迷って、総称の「キーボード」にしました。シンセサイザーというとなんか大袈裟なイメージがあり、わたしのぼろぼろのシンセサイザーにはそぐわないのです。いろいろな言葉でいちいち悩みます。「クラシックギター」か「ガットギター」か、とか、「ミキシング」か「ミックス」か「ミックスダウン」か、とか……。

2022年・歌入り音源

動画

2022年9月21日公開。

「不在の秋」コリモセーズ/シラベル (2022-09-21) - YouTube(外部リンク)

説明

2022年9月中旬に、ふと思い立ったように録音、ミックス。ちょうどいい時期に公開できました。

3声でハモるスタイルは、2021年のバージョンと同様です。鼻歌みたいにふわふわと唄ってみました。伴奏をすべてエレキギターでつくったのが、このバージョンの特徴です。ボーカルとエレキだけ、といってもエレキ弾き語りではありません。

付点8分の間隔で大きめのディレイが鳴るようにエフェクトをセットして、アルペジオやカッティングやベースやパーカッションっぽい音など、いろんなパターンを録音して、それらを左右に振り分けてミックスしました。意識しないと聞こえないトラックも含めて、11本ぶん重ねています。大半のトラックを省いてシンプルな響きにしたほうがむしろ好ましいのかなと、チラッと思いましたけれど、そういうのはいつでもできるから、今回は、音をたくさん積み上げることで生まれる情緒を大事にしました。トラックごとにギターやエフェクトのセッティングをあまり変えてはいません。

素早く仕上げるつもりで取り組もうとしたのに、ミックスのこまかい調整にやはり何日か要しました。録音した日につくった仮ミックスと、それから3日くらい試行錯誤した成果とを聴き比べて、前のほうがよかったんではないかとがっくりしたり。まあ、よくあることです。

2016年・打ち込み版

2016年9月18日に公開した音源。「MIDI」の項に載せている「不在の秋.mid」を、サウンドフォントの音色でオーディオファイル化したものです。

不在の秋(試作品).mp3[MP3]

MML

演奏音源

マビノギMMLの演奏音源です。

6人合奏

冒頭の調律部分を含みます。2017年10月31日版。

不在の秋_MabiMML.m4a[AAC]

サウンドクラウド投稿版

MusicQ改変前、2016年11月11日時点のものです

当サイト内にも、サウンドクラウド全曲入りプレイリストを置いています。

説明

チューバで鳴らしているぷちぷちした音。実は、打ち込み系のドラムのサイドスティックの置き換えのつもりでしたけれど、鈴虫の音のようなシロフォンとあいまって、それとはべつの効果が出たようです。

MML置き場

マビノギ用MMLをtxtファイルで公開しています。楽器名の書かれたボタンを押すと、下に枠が出て、ファイルの内容がそのなかに表示されます。リスト内のリンクからもtxtファイルにアクセスできます。

6人合奏

演奏時間
約3分35秒
吟遊詩人掲示板
投稿済
並び順
前列左から、女声B・A・C。後列左から、チューバ・シロフォン・リュート。
楽譜

歌詞

夏の行方知れず  長袖 細い腕  これからの季節を  なぞる指先  空には届かない  これからひとりきり  あどけない若葉も  色を失なう  夏が過ぎたあとの  不在をなんと呼ぶ  空白がさびしくて  稲穂が揺れる  はちきれた切なさ  実りを産み落とす  寄るべない命を  風がそよと撫でた

MIDI

MIDIファイルを公開しています。

2016年9月15日、作曲時のファイルです。あくまで試作段階のものであり、音をならべただけのベタ打ちなのですけれど、わりと聴けます。宅録・DTMの項の「不在の秋(試作品).mp3」の音は、これをサウンドフォントで鳴らしたものです。

《コリモセーズ/シラベル》は、「不在の秋.mid」を、クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンス(外部リンク)で提供しています。利用規約も御確認ください。

楽譜

メロディ譜です。2021年12月22日掲載。

楽器の指定は一例です。「宅録・DTM」の項の歌入り音源にあわせて、イントロはアコースティックギター、間奏はクラシックギター、と記しています。また、間奏の終わりごろの部分(リハーサルマークEの4小節目のBsus4のところ)は、歌入り音源では4拍ぶんとっています。MML作品では譜面と同じく2拍です。

「不在の秋」の楽譜・1ページ目
「不在の秋」の楽譜・2ページ目

曲のあらまし

2016年9月作曲。夏が終わり、半袖ではちょっと肌寒くなってくるころの、あの感じを歌にしました。

間奏で変化をつけてはいますけれど、かなりシンプルな「一部形式」の曲。つまり、A・B・サビというようなものでなく、AとA'としかないような構成です。こういう曲がうまく書けるとうれしいものです。

作品データ

曲名表記
不在の秋
曲名かな書き
ふざいの あき
作詞
シラベル
作曲
シラベル
発表日
2016年9月17日