最終列車

シラベル作詞・作曲「最終列車」の紹介ページです。

MML

演奏音源

マビノギMMLの演奏音源です。

3人合奏

冒頭の調律部分を含みます。2018年2月5日版。

最終列車_MabiMML.m4a[AAC]

サウンドクラウド投稿版

演奏内容は同じです。

当サイト内にも、サウンドクラウド全曲入りプレイリストを置いています。

仕上げ前の版

2018年2月12日に公開した「最終仕上げ前ver」の音源は、2018年1月27日時点のバージョンで、このあと、もうちょっと調整をしたのが上掲の完成版です。テンポなどのこまかい相違が聞き分けられるでしょうか。

最終列車_最終仕上げ前ver180127.mp3[MP3]

MML置き場

マビノギ用MMLをtxtファイルで公開しています。楽器名の書かれたボタンを押すと、下に枠が出て、ファイルの内容がそのなかに表示されます。リスト内のリンクからもtxtファイルにアクセスできます。

3人合奏

演奏時間
約4分25秒
吟遊詩人掲示板
投稿済
並び順
フルートが中央
楽譜

歌詞

最終列車に飛び乗ったふたりは  雪夜に運ばれて  どこまでも遠い場所へ  自由のゆりかごへ  夜明けまで気づかれはしない  だから大丈夫だ  ささやいた声  おまじないのよう  夢を見せるよう  つないだ手 解かないで  酸素を吸うにも喉が痛むから  吐息でぬくめあう  いまだけをいとおしみ  のらねこ眼をつむる  腕のあざ 胸の傷  つらい日々にさようなら  樹海の街をさまようふたりに  天のみちしるべ  虹を架け 虹を架け  動けない 食べ物もない  熱も下がらない  だれか助けて  だれも気づかない  幕がおりるよう  雪が降る 雪が降る  最終列車に飛び乗ったふたりは  雪夜に運ばれて

曲のあらまし

2018年1月に作詞作曲。70年代フォークっぽい風情のある、気張らずに唄える歌。基本的にはシンプルですけれど、どこかでひねりをきかせたがるタチなもので、サビの後半で転調を織り込んでいます。

歌の始めと終わりと両方に「最終列車に飛び乗ったふたりは 雪夜に運ばれて」という歌詞が出てきます。その言葉の印象が、始めと終わりとできっと違うと思います。

作品データ

曲名表記
最終列車
曲名かな書き
さいしゅう れっしゃ
作詞
シラベル
作曲
シラベル
発表日
2018年1月27日